金融業界に転職するには職種を問わず業界経験が求められます。このような事例は他にもいくつかあります。

金融業界で活躍できる職種とは
金融業界で活躍できる職種とは

金融業界への転職には職種を問わず業界経験が必要

最近の求人では経験者を募る傾向が強くなっています。以前から中途採用者については即戦力を求めるケースが多いのですが、雇用情勢が厳しさを増す中で人材育成の余裕が無いことも相まってより一層即戦力志向が高まっています。この即戦力という意味について、多くの場合職種における経験を重視するのですが、業種によっては業界経験を重要視するケースもあります。金融業界もその一つです。例えば金融機関での事務職の求人が出る場合、単に事務経験があるだけでは採用になりません。その経験がいくら豊富であっても異業種での経験では評価されにくい傾向があるようです。これは事務職以外にも職種を問わず見られる傾向のようで、営業職でも窓口相談業務でも同様にあるようです。

逆に言えば、ブランクが10年程あっても業界経験者であれば評価されるようです。実際に、結婚して10年以上のブランクがあっても業界経験があるということで金融機関に採用された人もいます。それだけ特殊な業界ともいえるのでしょう。他には繊維業界、食品業界、物流業界などが同様の対応をするようです。こちらの事例としては、異業種での営業経験が豊富な人でも繊維業界を経験していないということで採用に至らなかったり、物流業界での人脈が無いからと理由で採用に至らなかったことなどがあります。どの業界にも特有の事情があるのでしょうが、金融業界などはその顕著な例なのでしょう。幅広い人材の確保という意味からすれば少しもったいない気もします。

比べてお得!

Copyright (C)2017金融業界で活躍できる職種とは.All rights reserved.